宝塚大学

2016年4月14日午後9時26分ごろ、熊本地方を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生しました。益城町では震度7の強い揺れを観測し、

多くの被害が発生しその後も余震が続いています。

宝塚大学では学生、教員、事務員有志を中心に地震被災学生、被災地の美術、デザインを学ぶ学生ため、支援活動グループを立ち上げました。

宝塚大学と在校生有志にて熊本震災芸術教育支援

「くまもとビスケット」プロジェクトを開始します。

くまもとビスケットとは、熊本地震の被害にあった美術を学ぶ高校生へ向けた、

芸大生による支援(助っ人)のプロジェクトです。

ビスケット=美+助っ人

活動内容は、募金活動と震災で失われた画材等の支給を行います。

生活必需品の支給が最優先される中で、教材はいまだ不足しています。また、

私たち美大生が美術やデザインを学ぶ学生のこれから必要な援助の声を聞いて

このプロジェクトは始まりました。

 「ビスケッチ」とは、支援活動にご参加いただいた皆様と一緒に作る。ピクチャコミュニティです。
 

Please reload

GIFT

​LIST

Please reload

支援協力

株式会社 伊研

24h

Contact

メッセージを受信しました

責任者: 宝塚大学東京メディア芸術学部教授 井上幸喜 

連絡先: 宝塚大学東京メディア芸術学部

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

TEL.03-3367-3411

ThankYou